KetaMoba|ケタモバ

スマホ代は一番簡単な節約! 格安SIM/Androidスマホ/Chromebookについて紹介します

楽天モバイルなら1円で手に入る eSIM対応スマホ OPPO A73を紹介!

この記事をシェアする

f:id:keta_rpsr:20210707144457p:plain

 

こんにちは け〜た(@keta_rpsr)です

 

最近またまた気になっているガジェットがあります

それがこちら

 

OPPO A73(エーナナサン)です

 

これは完全に見た目だけで選びました 笑

背面のレザー質感、高級感が合ってとてもすてきです

 

今回も欲しい衝動を抑えるために、この記事を書いています 笑

 

ずばりこのスマホがおすすめな人は

 ・スマホ初心者

・スマホではSNS、動画視聴だけ

・キャッシュレスはもっぱらQRコード決済

・スマホをWi-Fiルーター替わりに使いたい

 

理由は下記にて詳しく説明します

 

OPPO A73の基本スペック

f:id:keta_rpsr:20210509224916p:plain

画像:楽天市場

 

OPPOは商品購入時にSIMピン、クリアケース、保護シート(本体に貼付け済み)がついてくるので、別途スマホケースなどを購入しなくていいのがありがたいです

 

メリット

 

軽量なのに超大容量バッテリー搭載

f:id:keta_rpsr:20210706124337g:plain


 

このスマホは4,000mAhの超大容量を積んでいるのに、

重量はなんと162gと軽量なんです

 

なので1日中スマホをイジってても充電切れの心配は少ないですし、Wifiルーター代わりに利用しても長時間の作業ができるので外出先でも集中して作業ができます

 

有機EL対応で画面が綺麗

 

2万円台のスマホだと画面の品質が心配という方もご安心を

OPPO A73 は有機ELディスプレイ搭載で画面がとても綺麗なんです

 

大手レビューサイト「価格ドットコム」でも

4.4/5.0と高評価で、レビューも全体的にはとてもキレイという意見が多かった印象です

 

6.44インチと大画面を搭載しているので、You TubeやNetflixなども十分楽しめそうです

 

eSIMに対応 

Simカード, カード, 電話, 技術, モバイル, 通信, 細胞の, 携帯電話, テレコミュニケーション

 

eSIM(イーシム)とは簡単に言うと本体と一体になったSIMカードで、

eSIM対応スマホを利用するとSIMカードがなくてもすぐに新しい会社の通信が使えるようになるメリットがあります

 

そんなeSIMをOPPOA73は搭載しています

しかもeSIM+ナノSIMのSIM2枚運用(DSDV)も可能なので

eSIM→IIJmio(eSIMプラン 20GB)

+nanoSIM→楽天モバイル

データ20GB+かけ放題が月1,650円が実現できます

 

※OPPO A73は5G非対応です

 

現在(2021年5月)eSIMに対応しているのは

IIJmio、楽天モバイル、LINEMO、povo、Ymobileです

 

以前楽天モバイルを物理SIMからeSIMに切り替えたので、その時のレビュー記事はこちらで紹介してます

ketamoba.com

 

 

顔認証、画面内指紋認証対応

スマート フォン, 指, 指紋, セキュリティ, バイオメトリクス, 生体, 識別, アクセス, ログイン

 

OPPO A73は顔認証と画面内指紋認証の2つ搭載しています

 

通常2〜3万円台のスマホに搭載されている指紋センサーは本体背面についていることが多いので、例えばスマホをテーブルに置いてたり、スマホスタンドに設置している状態では一度持ち上げてから、指紋を読み取るという若干ですがめんどくさい工程があります

 

しかし、画面内指紋認証ができるのならばスマホに指を押し当てるだけで画面ロックが解除できるので非常に便利です

 

特に2万円台のスマホで画面内指紋認証はなかなかないです

 

 

 

デメリット

 

FeliCa、NFC非対応

f:id:keta_rpsr:20210706125001p:plain

 

OPPO A73はFeliCa、NFCが未搭載

つまりおサイフケータイ機能が使えません

 

ここが僕個人としては一番のネックでした

 

ただ、最近のキャッシュレス手段としては主にSuica、PayPayなので

モバイルSuicaは以前紹介したfitbit charge4に代用できるし、PayPayはQRコード決済なので普通のスマホでも対応可能なのでFeliCaがなくても特に問題はありませんでした

 

fitbit charge4の詳細についてはこちら↓ 

keta-rpsr.com

 

他にもスマホケースのこのようなカードケースを貼り付けたまま使うのも良さそうです

 

 

防水、防塵非対応

 

最近のスマホは日本人に特化した機能を搭載することが多く、防水防塵に力を入れたスマホも多いですが、OPPO A73は防水防塵非対応です

 

お風呂スマホ派はジップロックにいれて使いましょう

 

カメラ性能がいまいち...

man in black crew neck shirt

 

OPPO A73の特徴の1つである4眼カメラですが、

やはり2万円で買えるスマホなので価格相応のカメラ性能です

 

搭載しているカメラの詳細は

メイン:1600万画素

超広角:800万画素

モノクロ:200万画素

ポートレート:200万画素

インカメラ:1600万画素

アウトカメラのみ電子式手ブレ補正あり

 

画素数だけ見ると一般的なスマホに搭載してるカメラですが、

最近だと4800万画素、1億画素といったハイスペックカメラの搭載しているカメラも珍しくないのでそれと比べるとちょっと物足りない気がします

  

しかし、SNSなど小さい画面に写真を写す程度ならこれでも十分でしょう

 

5G通信非対応

 

eSIMの項目でお伝えしましたが、OPPO A73は5G通信は非対応です

 

ただ個人的には

・5G対応エリアが狭い

・そもそもスマホで利用するサービスに超高速通信は不要

という理由で、スマホで5Gはまだいらないと考えています

そのため、あまりデメリットとは感じないです

 

あなたは5G通信がないと困るといったことはありますか?

あったらぜひコメントで教えてくれると嬉しいです

 

まとめ

 

いかがでししたでしょうか 

今回の内容をまとめると

 

良い点:

eSIM対応

有機EL搭載

軽量(162g)

6.44インチの大画面

4,000mAh超大容量バッテリーを搭載 

 

悪い点:

FeliCa、NFC 非対応

防水防塵 非対応

カメラがいまいち

 

ざっと調べた感じ、

2〜3年前に主流だったスマホと同じ性能だなと言う感じです

 

ただ、2万円台スマホでeSIMに対応しているのって、かなり珍しいです

また楽天モバイルやIIJmioの大容量プランにすればWi-Fiルーターとしても使うことが出来ます

 

搭載しているCPU(スマホの頭脳のようなもの)はSnapdragon 662とミドルクラスの性能を持っているので、

3Dゲームを最高画質でがつがつ楽しむのはおそらく難しいですが、ネット動画やWebサイト閲覧くらいなら問題ないスペックです

 

 

現在、楽天モバイルでは初回の申込みでなんと1円でで購入ができます

f:id:keta_rpsr:20210706115158p:plain

画像:楽天モバイル

 

楽天モバイルを検討されている方は、ぜひこの機会をご活用ください!

 

 


それでは、次回の更新もお楽しみに
Twitterフォローもよろしくお願い致します


>>Twitterアカウントはこちら